院長のひとりごとブログ blog

予約診療日のお薬・フード対応

 倉吉動物医療センターも米子動物医療センターも木曜日と日曜日は予約診療になっております。他の曜日では、大変お待たせしてしまうこともありますが、予約診療日は割合時間通りに診療をさせて頂いておりますので、皆様に大変ご好評を頂いております。ご予約はお電話で頂ければと思います。当日にお電話を頂いてもどこかの時間で診察をさせてもらうことも可能です。

 また、お薬やフードなどを希望される方には、予約診療日でも通常の日と同じ対応をさせて頂いておりますので、ご予約なくお気軽にお越しください。なお、心臓病など、調剤に時間を要する場合には必ず事前にご連絡をして下さい。




日本遺産・市民公開セミナー

平成30年9月29-30日に獣医学術中国地区学会を鳥取県米子市(米子コンベンションセンター)で開催します。

みなさん、大山に日本最大の牛馬市があったことをご存知でしょうか。

「地蔵信仰が育んだ日本最大の大山牛馬市」としても日本遺産に認定されていますが、この牛馬市は古くから昭和初期まで栄え、和牛の誕生の礎になったとも言われています。

この日本遺産のお話を市民公開セミナーとして開催します。

9月29日(土)米子コンベンションセンター2F 国際会議場

16:30-17:30です。是非、皆さんお越し下さい。無料です。

ちなみに、昨年の全国和牛の共進会にて、鳥取和牛が肉質部門で日本一になりました。

主催は鳥取県獣医師会です。私はこの中国地区学会副会長と小動物獣医学会中国地区学会長として働いています。

高島




変わりゆく狂犬病の集合注射

 私も二十数年、狂犬病の集合注射に行っています。それこそ90年代から接種していますので、その当時はハスキーをはじめとする大型犬が多く、中には噛みついてくる犬もいました。危険との隣り合わせで、ハスキーが手にぶら下がった先生もいます。最近では犬も小型化していますので、昔から比べればずいぶんと普通に接種できるようになっています。ただ、集合注射の会場は、公民館や広い駐車場が会場となっており、基本屋根がないところで、雨天時には対応できていない状態です。また、会場には、短時間にいっぱいの犬が来ますので、犬の健康状態の把握が難しかったり、犬同士のトラブルも起こっています。昨年から、集合注射で問診票が入ってきたのにお気づきの方も多いと思います。基本、集合注射で接種できる犬は健康に限ります。体調が悪かったり、病気中だったり妊娠授乳中だったり何らかの投薬を受けている場合には、動物の状態がわかりませんので、集合注射でなくかかりつけ医での接種をお願いしています。

 全国的には、集合注射を廃止した都市もあります。集合注射をやめ、動物病院での接種にするというものです。実は鳥取県でも西部は平成21年度から病院内接種数が集合注射数を上回っており、今では実に70%弱が病院内接種になっています。東部や中部でも、平成26年度に病院接種が集合注射数を上回っています。病院接種でも狂犬病の注射代は同じですし、犬の鑑札や注射済票も院内で発行できます。そして、いつ動物病院に行ってもも接種出来るばかりか、犬の体重や熱を測り、聴診などの身体検査を受け、ちゃんとした問診を受けた後の接種となりますので、飼い主さんにとっても犬にとってもいいことだらけです。

 時代と共に狂犬病の接種の在り方は変わっています。鳥取県でもこれだけ動物病院がふえてきていますので、是非病院で狂犬病接種をしてあげてください。鳥取県でもそう遠くない将来、集合注射がなくなる日がくるかもしれません。 高島




米子動物医療センター
4月1日より、日曜日も予約診療になります。
診療を希望される方は、お電話にてご予約下さい。
当日でも可能です。
木曜日と日曜日が予約診療になりますが、他の曜日は予約の必要はありません。

予約診療は、ほぼ時間どおりの診察になりますので、ご好評を頂いております。

 

 




歯磨き教室・パピー教室

P9176293.JPG

当院でワクチンおよびフィラリア予防をされている方限定の無料セミナー倉吉動物医療センターおよび米子動物医療センター内で行っています。ゆうアニマルクリニックの患者さんも同様に無料で参加できます。

参加ご希望の方は、各病院にてお申し込みください。ご家族の方とワンちゃんでご参加下さい。

 

 

 

歯みがき教室(デンタルセミナー)

 犬の歯科疾患は非常に多く、毎日のオーラルケアが非常に大切です。3歳以上の犬の8割が歯周病だとも言われているくらいです。オーラルケアを怠ると歯石や口臭がひどくなり歯を失うことになります。毎月1回程度、2クラスに分かれてワンちゃんの歯磨き教室を行っています。歯みがきのやり方や、歯磨きが難しい場合の方法などもお話させてもらいます。飼い主さんと一緒に行う教室です。

パピー教室

 おおよそ生後4週齢から13週齢は、子犬の社会化期といわれており、将来の性格や行動に大きく影響を与えるとされています。その前後の期間も含めこの時期に様々な環境に触れさせ多くの経験を得ることが非常に大切になってきます。そして、この時期に動物病院になれてもらうことがとても大切で、実際に診察室に入ってもらいワンちゃんに楽しんでもらいます。病院が好きになることで大きくなってもワンちゃんにストレスなく治療を行うことができるので、将来のことを考えるととても大切な教室になります。もちろん犬のしつけ方についてもお話します。月に2回程度開催しております。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




このページのトップへ