学術活動 scholarly activity

著書・翻訳

2016年
  • 髙島一昭(分担執筆):小動物の胸部疾患, ファームプレス,東京(2016)
  • 山根剛(分担執筆):小動物の胸部疾患, ファームプレス,東京(2016)
  • 水谷雄一郎(分担執筆):小動物の胸部疾患, ファームプレス,東京(2016)
2015年
  • 髙島一昭: DVD 見逃さない・猫の心筋症・診断と治療, 医療情報研究所,奈良 (2015)
  • 髙島一昭(分担執筆):小動物最新外科学体系4 循環器系2, インターズー,東京 (2015)
  • 山根剛(分担執筆):小動物最新外科学体系4 循環器系2, インターズー,東京 (2015)
  • 髙島一昭(分担執筆):イヌ・ネコ ペットのためのQ&A, パイ・インターナショナル,東京 (2015)
  • 山根剛(分担執筆):イヌ・ネコ ペットのためのQ&A, パイ・インターナショナル,東京 (2015)
  • 髙島久恵(分担執筆):イヌ・ネコ ペットのためのQ&A, パイ・インターナショナル,東京 (2015)
  • 小笠原淳子(分担執筆):イヌ・ネコ ペットのためのQ&A, パイ・インターナショナル,東京 (2015)
  • 水谷雄一郎(分担執筆):イヌ・ネコ ペットのためのQ&A, パイ・インターナショナル,東京 (2015)
  • 髙島一昭(分担執筆): 犬と猫の治療ガイド2015, インターズー,東京 (2015)
  • 小笠原淳子(分担執筆): 犬と猫の治療ガイド2015, インターズー,東京 (2015)
  • 水谷雄一郎(分担執筆): 犬と猫の治療ガイド2015, インターズー,東京 (2015)
  • 和田優子(分担執筆): 犬と猫の治療ガイド2015, インターズー,東京 (2015)
  • 廣瀬快(分担執筆): 犬と猫の治療ガイド2015, インターズー,東京 (2015)
  • 丹野翔伍(分担執筆): 犬と猫の治療ガイド2015, インターズー,東京 (2015)
  • 黒川温菜(分担執筆): 犬と猫の治療ガイド2015, インターズー,東京 (2015)
  • 川崎美苗(分担執筆): 犬と猫の治療ガイド2015, インターズー,東京 (2015)
  • 陶山雄一郎(分担執筆): 犬と猫の治療ガイド2015, インターズー,東京 (2015)
  • 三木無量(分担執筆): 犬と猫の治療ガイド2015, インターズー,東京 (2015)
2012年
  • 髙島一昭(分担執筆):犬と猫の治療ガイド2012,インターズー,東京(2012)
  • 髙島一昭(分担執筆):伴侶動物の消化器診療,緑書房,東京(2012)
  • 山根 剛(分担執筆):伴侶動物の消化器診療,緑書房,東京(2012)
  • 髙島一昭(分担執筆):改訂版イヌ・ネコ家庭動物の医学大百科,パイ・インターナショナル, 東京(2012)
  • 山根 剛(分担執筆):改訂版イヌ・ネコ家庭動物の医学大百科,パイ・インターナショナル, 東京(2012)
2011年
  • 髙島一昭(分担執筆):獣医内科学(改訂版)文永堂出版, 東京(2011年)
2010年
  • 髙島一昭(翻訳): 猫の臨床栄養, ロイヤルカナンジャポン, 東京 (2010)
2009年
  • 山根 剛(分担執筆):最新・猫の病気大図典,誠文堂新光社,東京(2009)
2008年
  • 髙島一昭(分担執筆): 伴侶動物が出会う中毒, 毒と薬の寛永,毒の強さを表す指標,動物体内への毒の侵入経路, 山根義久監修, チクサン出版, 東京 (2008)
  • 山根 剛(分担執筆):伴侶動物が出会う中毒,チクサン出版,東京(2008)
  • 山根 剛(分担執筆):小動物最新外科学大系8・泌尿生殖器系1, 腎臓と尿管の外科,インターズー,東京 (2008)
2007年
  • 髙島一昭(分担翻訳): 犬と猫の呼吸器疾患, 猫の気管支疾患・喘息,食道気管瘻,気管支肺異型性,胸部の鉱化, 多川政弘・局博一監修, インターズー, 東京 (2007)
  • 髙島一昭(分担執筆): 主要症状を基礎にした犬の臨床, 蛋白喪失性腸症, 前出吉光監修, デーリーマン社, 札幌 (2007)
2006年
  • 髙島一昭(分担執筆): イヌ・ネコ家庭動物の医学大百科, 循環器とは,心室中隔欠損症,神経系の検査,脳の疾患,循環器系の腫瘍,心血管疾患に対する開心根治術, 山根義久監修, ピエブックス, 東京 (2006)
  • 山根 剛(分担執筆):犬・猫家庭動物の医学大百科,ピエブック,東京 (2006)
2005年
  • 髙島一昭(分担執筆): 獣医内科学, 非炎症性関節疾患, 日本獣医内科アカデミー編, 文永堂出版, 東京 (2005)
2004年
  • 髙島一昭(分担翻訳): 重症患者の管理と診療テキスト, 体液・酸塩基, 山根義久監訳, ファームプレス, 東京 (2004)
  • 髙島一昭(分担執筆): 小動物最新外科学体系4・循環器系1, 体外循環下での動脈管切離術, PDAの術後管理と合併症および予後, 山根義久監修, インターズー, 東京 (2004)
  • 髙島一昭(分担執筆): 主要症状を基礎にした猫の臨床, 動脈管開存症,ファロー四徴症,心室中隔欠損症,ショック,心筋症,心内膜炎,心膜炎,全身性動脈血栓症, 前出吉光監修, デーリーマン社, 札幌 (2004)
2003年
  • 髙島一昭(分担翻訳): メルク獣医学マニュアル第8版, 犬伝染性肝炎,犬のリケッチャ性疾患,内臓リーシュマニア症, 長谷川篤彦・山根義久監訳, 学窓社, 東京 (2003)
  • 山根 剛(翻訳協力):Small Animal Surgery 3rd,インターズー,東京 (2003)
2002年
  • 山根 剛(翻訳協力):小動物の心臓病学,インターズー,東京 (2002)
1994年~1999年
  • 髙島一昭(分担翻訳): カラーアトラス獣医心臓病学, 大動脈狭窄症,大動脈弁逆流,肺動脈狭窄,細菌性心内膜炎,心臓中隔の欠損, 山根義久監訳, チクサン出版, 東京 (1999)
  • 髙島一昭(分担執筆): 動物が出会う中毒, 症状と処置, 山根義久監修, (財)鳥取県動物臨床医学研究所, 鳥取 (1999)
  • 髙島一昭(分担翻訳): 獣医看護学/下巻, 山村穂積監修, チクサン出版, 東京 (1998)
  • 髙島一昭(分担執筆): 小動物診療97ケースレポートとクリニカルディスカッション, 生殖器系,脳神経系,エキゾチック, (財)鳥取県動物臨床医学研究所, 鳥取 (1997)
このページのトップへ