学術活動 scholarly activity

研究論文

  

学術論文 Journal Articles

2016年
  • 髙島一昭: 腎障害を起こす生活の身近にある中毒性物質-ぶどう中毒-. 日本獣医腎泌尿器学会誌 9,16-18 (2016)
  • 廣瀬快, 髙島一昭, 山根剛,山根義久: 猫のコクシジウム症に対するトルトラズリルの有効性. 動物臨床医学 25,12-15 (2016)
  • 和田優子, 山根剛, 髙島一昭,山根義久: 猫の犬糸状虫症. 動物臨床医学 4,132-138 (2016)
2015年
  • 水谷雄一郎, 髙島一昭, 山根剛,山根義久: 鳥取県中部における過去10年間の猫白血病ウイルスおよび猫免疫不全ウイルス感染に関する回顧的調査. 動物臨床医学 24,165-171 (2015)
  • 一澤圭,林耕介,小笠原淳子,田島木綿子,上野真太郎,石原孝,川上靖,山田格:鳥取県沿岸と周辺海域で記録された海洋動物(2012~2013年)-鯨類、鰭脚類、ウミガメ類、およびアカマンボウ目魚類について-. 鳥取県立博物館研究報告,51,59-65(2014)
2014年
  • 髙島一昭: 【動物の中毒】 伴侶動物における中毒症例を中心に. 中毒研究 27,299-306 (2014)
  • 塚田悠貴, 高島一昭, 山根剛,山根義久: ブドウの皮摂取後に急性腎不全を発症した犬の1 例. 動物臨床医学 23,30-33 (2014)
  • 才田祐人, 髙島一昭, 山根剛, 宮成節子, 石塚昌宏,山根義久: 腫瘍犬における5-アミノレブリン酸経口投与によるプロトポルフィリンの血中濃度変化と病理組織検査所見の関係. 動物臨床医学 23,151-155 (2014)
  • 才田佑人, 髙島一昭, 山根剛,山根義久: 動脈血栓塞栓症猫に対する抗凝固薬の単独療法と血栓溶解薬の併用療法との比較検討. 動物の循環器 46,29-35 (2014)
2013年
  • 髙島一昭, 仲庭茂樹,山根義久: 犬の細菌性外耳炎に対する0.3%ロメフロキサシン眼科耳科用液の治療効果. 動物臨床医学 22,96-100 (2013)
  • 丹野翔伍, 髙島一昭, 山根剛,山根義久: 猫における乾燥スルメイカ摂食後血中クレアチニン濃度の検討-DRI‐CHEMを用いた測定法と酵素法との比較-. 動物臨床医学 22,49-52 (2013)
  • 才田祐人, 髙島一昭, 山根剛,山根義久: 動脈血栓塞栓症猫に対する抗凝固薬の単独療法と血栓溶解薬の併用療法との比較検討. 動物の循環器 46,29-35 (2013)
  • 才田祐人, 高島一昭, 山根剛,山根義久: 犬における心音と僧帽弁閉鎖不全症の重症度との関係. 動物臨床医学 22,171-174 (2013)
2012年
  • Kondo Y, Takashima K, Matsumoto S, Shiba M, Otsuki T, Kinoshita G, et al.:Efficacy and safety of firocoxib for the treatment of pain associated with soft tissue surgery in dogs under field conditions in Japan. J Vet Med Sci 74, 1283-1289 (2012)
  • Hanazono K, Fukumoto S, Hirayama K, Takashima K, Yamane Y, Natsuhori M, et al.:Predicting Metastatic Potential of Gastrointestinal Stromal Tumors in Dog by Ultrasonography. J Vet Med Sci (2012)
  • Yamane K, Suzuki Y, Tachi E, Li T, Chen X, Nakao M, Nkouawa A, Yanagida T, Sako Y,
    Ito A, Sato H, Okamoto M.:Recent hybridization between Taenia asiatica and Taenia saginata, Parasitol Int. 61,351-355(2012)
  • Yamane K, Yanagida T, Li T, Chen X, Dekumyoy P, Waikagul J, Nkouawa A, Nakao M,
    Sako Y, Ito A, Sato H, Okamoto M:Genotypic relationships between Taenia saginata, Taenia asiatica and their hybrids. Parasitology 140,1595-1601(2013)
  • 髙島一昭, 山形静夫,山根義久: 犬のブドウ膜炎に対する0.05%ジフルプレドナート点眼薬の治療効果. 動物臨床医学 21, 12-16 (2012)
2011年
  • Masahiko T, Kazuaki T, Hajimu K, Nobutaka I, Reeko S,Yoshihisa Y: Safety assessment of aprostacyclin derivative (Beraprost Sodium) in healthy cats. J Amin Clin Med 20, 131-139 (2011)
  • 才田佑人, 髙島一昭, 山根剛, 西川和男, 西尾達也,山根義久: 高濃度プラズマクラスターイオンのアンモニア濃度および浮遊菌に対する低減効果. 動物臨床医学 20, 125-130 (2011)
  • 髙島一昭, 山形静夫,山根義久: 犬の外眼部炎症性疾患に対する0.05%ジフルプレドナート点眼薬の治療効果. 動物臨床医学 20, 83-88 (2011)
  • Kondo Y, Takashima K, Kinoshita G, Nagata T, Wakui Y, Hanson PD, Gross S, Laura B,Yamane Y: Efficacy and safety of firocoxib and carprofen for the treatment of dogs with locomotory disorders under field conditions in Japan. 獣医麻酔外科雑誌 41, 79-85 (2011)
  • Fukushima R, Tanaka R, Suzuki S, Hamabe R, Machida N, Nakao S, Saida Y, Takashima K, Matsumoto H, Koyama H, Hirose H,Yamane Y: Epidemiological and Morphological Studies of Double-Chambered Right Ventricle in Dogs. J Vet Med Sci 28, 1287-1293 (2011)
  • 松本郁実, 髙島一昭, 山根剛, 山根義久, 岡野司, 淺野玄: 鳥取県中西部における疥癬に罹患したタヌキの保護頭数の推移. 動物臨床医学 20, 13-17 (2011)
2010年
  • Kanai K, Takashima K, Okuno K, Kato K, Sano H, Kuwamoto S, Higaki H, Nagata K, Sugihara H, Kato M, Murakami I,Hayashi K: Lifelong persistent EBV infection of rabbits with EBER1-positive lymphocyte infiltration and mild sublethal hemophagocytosis. Virus Res 153, 172-178 (2010)
  • 赤木洋祐, 真下忠久, 山田昭彦, 髙島一昭, 山根剛, 松本郁実, 山根義久: 腫瘤病変を伴った犬の好酸球性膀胱炎の4例. 動物臨床医学 19, 57-61 (2010)
  • Okuno K, Takashima K, Kanai K, Ohashi M, Hyuga R, Sugihara H, Kuwamoto S, Kato M, Sano H, Sairenji T, Kanzaki S, Hayashi K: Epstein-Barr virus can infect rabbits by the intranasal or peroral route: an animal model for natural primary EBV infection in humans. J Med Virol 82, 977-986 (2010)
2009年
  • 水谷雄一郎, 髙島一昭, 山根剛, 山根義久: 難産を生じた一頭二顔体の猫の1例. 動物臨床医学 18, 75-78 (2009)
  • Mohri T, Takashima K, Yamane T, Sato H, Yamane Y: Purulent pericarditis in a dog administered immune-suppressing drugs. J Vet Med Sci 71, 669-672 (2009)
  • Tanaka R, Shimizu M, Hoshi K, Soda A, Saida Y, Takashima K, Yamane Y: Efficacy of open patch-grafting under cardiopulmonary bypass for pulmonic stenosis in small dogs. Aust Vet J 87, 88-93 (2009)
  • Soda A, Tanaka R, Saida Y, Takashima K, Hirayama T, Umezu M, Yamane Y: Hydrodynamic characteristics of porcine aortic valves cross-linked with glutaraldehyde and polyepoxy compounds. Asaio J 55, 13-18 (2009)
2008年
  • 野中雄一, 高島一昭, 山根剛,山根義久: 大静脈孔ヘルニアの犬の1例. 動物臨床医学 17, 81-85 (2008)
  • 浅井由希子, 髙島一昭, 山根義久: マムシ咬症の犬48例と猫4例(1997年-2006年). 動物臨床医学 17, 45-51 (2008)
  • 毛利崇, 髙島一昭, 山根剛, 山根義久: 酢酸クロルマジノンの長期投与後に副腎皮質機能低下症を発症した犬の1例. 動物臨床医学 17, 7-10 (2008)
  • 長島賢典, 髙島一昭, 安藤健介, 奥野啓介, 金井亨輔, 西連寺剛, 林一彦: Epstein-Barr virus(EBV)感染ウサギにおけるEBV抗体レスポンス. 米子医学雑誌 59, 53-61 (2008)
  • Takashima K, Soda A, Tanaka R, Yamane Y: Long-term clinical evaluation of mitral valve replacement with porcine bioprosthetic valves in dogs. J Vet Med Sci 70, 279-283 (2008)
  • Takashima K, Ohashi M, Kitamura Y, Ando K, Nagashima K, Sugihara H, Okuno K, Sairenji T, Hayashi K: A new animal model for primary and persistent Epstein-Barr virus infection: human EBV-infected rabbit characteristics determined using sequential imaging and pathological analysis. J Med Virol 80, 455-466 (2008)
  • Yamane T, Fujii Y, Orito K, Osamura K, Kanai T, Wakao Y: Comparison of the effects of candesartan cilexetil and enalapril maleate on right ventricular myocardial remodeling in dogs with experimentally induced pulmonary stenosis. Am J Vet Res, 69,1574-1579 (2008)
2007年
  • 髙島一昭, 曽田藍子, 田中綾,山根義久: 豚生体弁を用いて僧帽弁置換術を行った犬の1手術例. 動物臨床医学 16, 119-124 (2007)
  • Tanaka R, Soda A, Saida Y, Sugihara K, Takashima K, Shibazaki A, Yamane Y: Evaluation of the efficacy and safety of coil occlusion for patent ductus arteriosus in dogs. J Vet Med Sci 69, 857-859 (2007)
  • Takashima K, Soda A, Tanaka R, Yamane Y: Short-term performance of mitral valve replacement with porcine bioprosthetic valves in dogs. J Vet Med Sci 69, 793-798 (2007)
  • 白川希, 髙島一昭, 片岡智徳, 野山順香, 毛利崇, 山根義久: カイウサギの皮下に発生した悪性線維性組織球腫の1例. 動物臨床医学 16, 47-49 (2007)
  • Fujii Y, Yamane T, Orito K, Osamura K, Wakao Y : Increased chymase-like activity in a dog with congenital pulmonic stenosis. J Vet Cardiol 9,39-42 (2007)
2006年
  • 毛利崇, 髙島一昭, 山根義久, 関口麻衣子, 岩崎利郎: 色素性蕁麻疹の猫の1例. 動物臨床医学 15, 131-134 (2006)
  • 野中雄一, 髙島一昭, 山根義久: マルチスライスCTによる三次元CT画像にて術中評価を行った頸部椎間板ヘルニアの犬の1例. 動物臨床医学 15, 33-37 (2006)
  • 安武寿美子, 髙島一昭, 山根義久: 精巣鞘膜に発生した悪性中皮腫の犬の1例. 動物臨床医学 15, 39-42 (2006)
  • Shimamura S, Kutsuna H, Shimizu M, Kobayashi M, Hirao H, Tanaka R, Takashima K, Machida N, Yamane Y: Comparison of right atrium incision and right ventricular outflow incision for surgical repair of membranous ventricular septal defect using cardiopulmonary bypass in dogs. Vet Surg 35, 382-387 (2006)
  • 小河原郁子, 髙島一昭, 足立洋心, 北村幸郷, 大橋誠, 難波栄二, 林一彦: Epstein-Barr virus関連ウイルス(Herpesvirus papio)の幼若ウサギ感染における病理・病態の特徴 成年ウサギHVP感染による血球貪食症およびリンパ球増殖症との比較. 米子医学雑誌 57, 113-125 (2006)
2005年
  • 小笠原淳子, 髙島一昭, 山根義久: 長期寛解が得られた犬の腸リンパ管拡張症の1例. 動物臨床医学 14, 133-137 (2005)
  • 安武寿美子, 髙島一昭, 山根義久: 犬猫の循環器疾患1521例の発生状況に対する調査. 動物臨床医学 14, 123-131 (2005)
  • 福澤真紀子, 髙島一昭, 山根義久: レプトスピラ症と診断した犬およびキツネの22症例. 動物臨床医学 14, 85-91 (2005)
  • 佐藤秀樹, 髙島一昭, 片岡智徳, 山根義久: 前肢跛行を呈した頸部硬膜外軟骨肉腫の犬の1例. 動物臨床医学 14, 93-97 (2005)
  • 宇野雄博, 湯本哲夫, 中西淳, 髙島一昭, 藤田桂一, 山村穂積, 酒井健夫: 後頭骨環椎軸椎奇形猫の1例. 日本獣医師会雑誌 58, 617-621 (2005)
  • 髙島一昭, 佐藤秀樹, 山根義久, 江口博文: 脳浸潤を伴った骨の多分葉状腫瘍に対し開頭術を行った犬の1例. 動物臨床医学 14, 59-64 (2005)
  • Hirao H, Inoue T, Hoshi K, Kobayashi M, Shimamura S, Shimizu M, Tanaka R, Takashima K, Mori Y, Noishiki Y, Yamane Y: An experimental study of apico-aortic valved conduit (AAVC) for surgical treatment of aortic stenosis in dogs. J Vet Med Sci 67, 357-362 (2005)
  • 政田早苗, 片岡アユサ, 加藤郁, 髙島一昭, 坂井尚子, 山根義久: 赤血球凝集反応を利用した猫用血液型判定試薬の臨床的有用性の評価. 動物臨床医学 14, 29-33 (2005)
2004年
  • 政田早苗, 片岡アユサ, 加藤郁, 髙島一昭, 坂井尚子, 山根義久: 赤血球凝集反応を利用した犬用血液型(DEA1.1型)判定試薬の臨床的有用性の評価. 動物臨床医学 13, 119-123 (2004)
  • 野山順香, 片岡智徳, 髙島一昭, 山根義久: 犬の気腫性胆嚢炎の外科的治療例. 動物臨床医学 13, 11-15 (2004)
  • 塚根悦子, 髙島一昭, 片岡智徳, 山根義久: 腹腔内膿瘍を認めたウサギの1例. 動物臨床医学 12, 197-199 (2004)
  • Fujii Y, Fukuda T, Machida N, Yamane T, Wakao Y: Transcatheter closure of congenital ventricular septal defects in 3 dogs with a detachable coil. J Vet Intern Med 18,911-914 (2004)
  • 大田記世,藤井洋子,山根 剛,若尾義人: ペースメーカー植え込みを行った猫に認められたペーシング異常 ,日本獣医師会雑誌、 57,525-529 (2004)
  • Orito K, Yamane T, Kanai T, Fujii Y, Wakao Y, Matsuda H: Time course sequences of angiotensin converting enzyme and chymase-like activities during development of right ventricular hypertrophy induced by pulmonary artery constriction in dogs. Life Sci 75,1135-1145(2004)
2003年
  • 島村俊介, 髙島一昭, 星克一郎, 平尾秀博, 小林正行, 清水美希, 秋山緑, 田中綾, 丸尾幸嗣, 山根義久: 大動脈弁下部狭窄の線維輪上に認められた嚢状物により心室中隔欠損症の短絡の消失がみられた犬の1例. 動物臨床医学 12, 161-165 (2003)
  • 小出和欣, 小出由紀子, 長澤裕, 佐藤秀樹, 長久アユサ, 片岡智徳, 坂井尚子, 髙島一昭, 清水美希, 山根義久: 心不全モデル犬における持続性アンジオテンシンII受容体拮抗薬カンデサルタン・シレキセチル(TCV-116)の血行動態への影響. 動物臨床医学 12, 131-139 (2003)
  • Nagasawa Y, Takashima K, Masuda Y, Kataoka T, Kuno Y, Kaba N, Yamane Y: Effect of sustained release isosorbide dinitrate (EV151) in dogs with experimentally-induced mitral insufficiency. J Vet Med Sci 65, 615-618 (2003)
  • Matsumoto H, Sugiyama S, Shibazaki A, Tanaka R, Takashima K, Noishiki Y, Yamane Y: A long term comparison between Denacol EX-313-treated bovine jugular vein graft and ultrafine polyester fiber graft for reconstruction of tight ventricular outflow tract in dogs. J Vet Med Sci 65, 363-368 (2003)
  • Hoshi K, Tanaka R, Shibazaki A, Nagashima Y, Hirao H, Namiki R, Takashima K, Noishiki Y, Yamane Y: Comparison of extracapillary and endocapillary blood flow oxygenators for open heart surgery in dogs: efficiency of gas exchange and platelet conservation. J Vet Med Sci 65, 357-361 (2003)
2002年
  • 星克一郎, 田中綾, 平尾秀博, 管慶一郎, 丸尾幸嗣, 髙島一昭, 野一色泰晴, 山根義久: 新しく小動物用に開発したヘパリンコートおよびノンコート外部灌流型人工肺と回路の比較検討. 動物臨床医学 11, 113-120 (2002)
  • 若松勲, 政田早苗, 久野由博, 髙島一昭, 山根義久: 兎の胃内毛球症の臨床的検討. 日本獣医師会雑誌 55, 357-363 (2002)
2001年
  • 髙島一昭, 久野由博, 政田早苗, 片岡智徳, 小笠原淳子, 山根義久: 犬猫における多項目自動血球計数装置KX-21NVの評価試験. 動物臨床医学 10, 129-134 (2001)
  • Matsumoto H, Sugiyama S, Shibazaki A, Tanaka R, Takashima K, Noishiki Y, Yamane Y: Experimental study of materials for patch graft on right ventricular outflow tract under extracorporeal circulation in dogs-comparison between Denacol EX-313-treated bovine jugular vein graft and expanded polytetrafluoroethylene (EPTFE) graft. J Vet Med Sci 63, 961-965 (2001)
  • 髙島一昭, 山形静夫, 仲庭茂樹, 山根義久: 犬の外眼部炎症性疾患に対する0.1%プラノプロフェン(非ステロイド系抗炎症薬)点眼薬の臨床応用. 動物臨床医学 10, 9-18 (2001)
  • Fujii Y, Masuda Y, Takashima K, Ogasawara J, Machida N, Yamane Y, Chimura S, Awazu T, Yamane T, Wakao Y: Hypertrophic cardiomyopathy in two kittens. J Vet Med Sci 63, 583-585 (2001)
  • Horie S, Maeta H, Endo K, Ueta T, Takashima K, Terada T: Overexpression of p53 protein and MDM2 in papillary carcinomas of the thyroid: Correlations with clinicopathologic features. Pathol Int 51, 11-15 (2001)
  • Yamane T, Awazu T, Fujii Y, Watanabe T, Muto M, Okutsu M, Wakao Y.: Aberrant branch of the bronchoesophageal artery resembling patent ductus arteriosus in a dog. J Vet Med Sci 63,819-822 (2001)
  • Yamane T, Awazu T, Watanabe N, Ishibashi T, Fujii Y, Watanabe T, Wakao Y.: Ventricular Septal Defect with Pulmonary Valvular Stenosis in a Dog. Adv Anim Cardiol 34,25-30 (2001)
2000年
  • 長澤裕, 髙島一昭, 片岡智徳, 久野由博, 山根義久: 猫の結腸切除後における高線維食による栄養管理. 動物臨床医学 9, 133-136 (2000)
  • 若松勲, 廣田尚享, 久野由博, 政田早苗, 髙島一昭, 山根義久: 若齢ウサギにみられた胃内毛球症の2例. 動物臨床医学 9, 111-114 (2000)
  • 柴崎哲, 髙島一昭, 田中綾, 永島由紀子, 星克一郎, 山根義久: 中心冷却体外循環下開心術により流出路拡大形成術を実施した小型犬の肺動脈狭窄症の2治験例. 動物臨床医学 9, 105-109 (2000)
  • 髙島一昭, 髙島久恵, 増田裕子, 久野由博, 政田早苗, 長澤裕, 片岡智徳, 山根義久: 脳脱を伴った頭蓋骨複雑骨折の猫の1例. 日本獣医師会雑誌 53, 21-23 (2000)
1994年~1999年
  • 長澤裕, 髙島一昭, 久野由博, 山根義久: 混合型肝癌の犬の1例. 動物臨床医学 8, 187-190 (1999)
  • 柴崎哲, 髙島一昭, 田中稜, 星克一郎, 山根義久: 体外循環下開心術において右室流出路拡大形成術を実施した犬の肺動脈狭窄症の1治験例. 日本獣医師会雑誌 52, 707-710 (1999)
  • Oguchi Y, Matsumoto H, Masuda Y, Takashima H, Takashima K, Yamane Y: Balloon dilation of right ventricular outflow tract in a dog with tetralogy of Fallot. J Vet Med Sci 61, 1067-1069 (1999)
  • 長澤裕, 廣田尚享, 髙島一昭, 久野由博, 山根義久: 犬のそう痒症に対するアレルギー性皮膚疾患用療法食Clinical Diets A/Aの臨床応用試験. 動物臨床医学 7, 185-192 (1999)
  • 若松勲, 廣田尚享, 久野由博, 政田早苗, 髙島一昭, 山根義久: カメのヘミペニス脱の1例. 動物臨床医学 7, 199-201 (1999)
  • 長澤裕, 髙島一昭, 久野由博, 山根義久: 犬にみられた異所寄生による犬糸状虫症の1例. 動物臨床医学 7, 139-142 (1998)
  • 政田早苗, 松本英樹, 増田裕子, 小口洋子, 柴原イネ, 久野由博, 髙島一昭, 髙島久恵, 三宅ゆかり, 呉俊熙, 坂井尚子, 岡田展広, 実方剛, 山根義久: 臨床現場における迅速かつ簡便なラテックス凝集反応による犬パルボウイルスおよび猫汎白血球減少症ウイルスの検出. 動物臨床医学 7, 127-132 (1998)
  • Terada T, Ashida K, Endo K, Horie S, Maeta H, Matsunaga Y, Takashima K, Ohta T, Kitamura Y: c-erbB-2 protein is expressed in hepatolithiasis and cholangiocarcinoma. Histopathology 33, 325-331 (1998)
  • 小口洋子, 増田裕子, 髙島一昭, 三宅ゆかり, 髙島久恵, 長澤裕, 山本滋, 片岡智徳, 久野由博, 政田早苗, 廣田尚享, 坂井尚子, 山根義久: 僧帽弁閉鎖不全症の末期に両心不全に陥った犬の2例. 動物臨床医学 7, 31-36 (1998)
  • 柴崎哲, 小口洋子, 城下幸仁, 髙島一昭, 山根義久: 肺葉切除後に胃変位を起こした猫の2例. 動物臨床医学 6, 41-46 (1998)
  • 山形静夫, 山根義久, 柴崎哲, 松本英樹, 髙島一昭, 髙島久恵, 久野由博, 政田早苗, 増田裕子, 小口洋子, 野一色泰晴: 小動物用人工心肺装置の開発と臨床応用に関する研究. 動物臨床医学 6, 13-25 (1998)
  • Terada T, Ashida K, Kitamura Y, Matsunaga Y, Takashima K, Kato M, Ohta T: Expression of epithelial-cadherin, alpha-catenin and beta-catenin during human intrahepatic bile duct development: a possible role in bile duct morphogenesis. J Hepatol 28, 263-269 (1998)
  • 長澤裕, 増田裕子, 小口洋子, 髙島一昭, 髙島久恵, 山本滋, 片岡智徳, 久野由博, 政田早苗, 廣田尚享, 坂井尚子, 山根義久: 納豆菌類似菌による発酵フードの犬における栄養評価試験. 動物臨床医学 6, 7-15 (1997)
  • 廣田尚享, 柴崎哲, 田中稜, 増田裕子, 小口洋子, 髙島一昭, 山根久恵, 三宅ゆかり, 山本滋, 長澤裕, 片岡智徳, 久野由博, 政田早苗, 坂井尚子, 山根義久: 猫の骨盤狭窄に対し骨盤拡張プレートを使用した3症例. 動物臨床医学 6, 7-15 (1997)
  • 長澤裕, 松本英樹, 増田裕子, 小口洋子, 髙島一昭, 山根久恵, 三宅ゆかり, 山本滋, 久野由博, 政田早苗, 廣田尚享, 坂井尚子, 山根義久: 全身性毛胞虫のパグにおけるイベルメクチンの有効性-2症例-. 動物臨床医学 6, 21-25 (1997)
  • 小口洋子, 松本英樹, 増田裕子, 政田早苗, 久野由博, 三宅ゆかり, 髙島久恵, 髙島一昭, 坂井尚子, 山根義久: 心房細動を呈した犬の僧帽弁閉鎖不全症の2例. 日本獣医師会雑誌 50, 399-402 (1997)
  • 松本英樹, 増田裕子, 小口洋子, 髙島一昭, 久野由博, 山根義久: 末梢血好酸球増加を伴った犬のプレトニゾロン反応性肺炎の1例. 動物臨床医学 6, 23-27 (1997)
  • 髙島一昭, 松本英樹, 増田裕子, 小口洋子, 山根久恵, 三宅ゆかり, 久野由博, 政田早苗, 坂井尚子, 山根義久: 犬の椎間板ヘルニアに対してステロイド大量投与および片側椎弓切除術を行った1例. 動物臨床医学 6, 35-38 (1997)
  • 政田早苗, 松本英樹, 小口洋子, 増田裕子, 柴原イネ, 久野由博, 山根久恵, 三宅ゆかり, 髙島一昭, 坂井尚子, 山根義久: Adams-Stokes症候群をともなった猫の第3度房室ブロックの1例. 日本獣医師会雑誌 50, 103-105 (1997)
  • 山本滋, 松本英樹, 増田裕子, 小口洋子, 髙島一昭, 山根久恵, 三宅ゆかり, 長澤裕, 久野由博, 政田早苗, 呉俊熙, 廣田尚享, 坂井尚子, 山根義久: 小動物臨床における生化学検査システムVet Scanの評価. 動物臨床医学 5, 11-20 (1997)
  • 髙島一昭, 松本英樹, 山根久恵, 山根義久: 脳室腹腔シャント術を行った犬の水頭症の1例. 日本獣医師会雑誌 50, 106-109 (1997)
  • Matsumoto H, Oguchi Y, Miyake Y, Masuda Y, Masada S, Kuno Y, Shibahara I, Takashima K, Yamane H, Yamagata S, Noishiki Y, Yamane Y: The use of epoxy patch grafts for the repair of experimentally-created diaphragmatic defects in dogs. J Vet Med Sci 58, 685-687 (1996)
  • 小口洋子, 松本英樹, 増田裕子, 政田早苗, 久野由博, 柴原イネ, 三宅ゆかり, 髙島一昭, 山根久恵, 坂井尚子, 山根義久: 猫の僧帽弁閉鎖不全症の1例. 日本獣医師会雑誌 49, 394-397 (1996)
  • 小口洋子, 増田裕子, 片岡智徳, 三宅ゆかり, 髙島一昭, 山根久恵, 久野由博, 政田早苗, 長沢裕, 山本滋, 廣田尚享, 坂井尚子, 山根義久: イソフルレン麻酔下におけるトビ(Milvus migrans)の正常心電図. 日本野生動物医学会誌 1, 109-111 (1996)
  • 松本英樹, 小口洋子, 増田裕子, 久野由博, 政田早苗, 柴原イネ, 髙島一昭, 髙島久恵, 坂井尚子, 野一色泰晴, 山根義久: 体外循環による心室中隔欠損症の手術中に発生した犬の心筋梗塞の1例. 日本獣医師会雑誌 48, 390-393 (1995)

商業雑誌研究論文 Magazine Articles

2013年
  • 塚田悠貴, 高島一昭, 小笠原淳子, 水谷雄一郎, 才田祐人, 和田優子, 廣瀬快, 黒川温菜, 山根剛, 井上春奈, 佐川涼子, 宮嵜大樹, 丹野翔伍, 三木無量, 小西翔,山根義久: インターフェロンの局所注入により治療した耳血腫症例. Infovets 164,36-39 (2013)
  • 才田祐人, 高島一昭, 小笠原淳子, 水谷雄一郎, 和田優子, 塚田悠貴, 廣瀬快, 黒川温菜, 山根剛, 井上春奈, 佐川涼子, 宮嵜大樹, 丹野翔伍, 三木無量, 小西翔,山根義久: 鼻炎症状を呈する猫に対するインターフェロン療法の有効性. Infovets 164,25-28 (2013)
2012年
  • 高島一昭, 山根義久, 久野由博, 山形静夫, 柴崎文雄, 佐藤正勝, 山村穂積, 仲庭茂樹, 下田哲也, 竹中雅彦, 廣瀬孝男, 赤木哲也, 宇野雄博, 野呂浩介, 上月茂和, 藤田公子, 河野史郎, 金澤稔郎, 石川勝行, 中谷孝, 木下久則,武藤具弘: 猫の角膜疾患に対する3%N-アセチルシステイン点眼液による治療効果. 小動物臨床 31,359-365 (2012)
  • 高島一昭, 小笠原淳子, 水谷雄一郎, 和田優子, 才田祐人, 塚田悠貴, 宮嵜大樹, 丹野翔伍, 剛 山, 野中雄一, 大野晃治, 藤原あずさ, 杉田圭輔, 望 横, 井上春奈, 佐川涼子,山根義久: 犬の外耳炎に対する2種類のイヤークリーナーの有効性および安全性の検討. MVM 21, 2, 80-85 (2012)
2010年
  • 毛利崇, 髙島一昭, 山根剛, 野中雄一,山根義久: メソトレキセートおよび高用量シクロスポリンの併用が有効であった蛋白漏出性腸症の犬の1例. 獣医畜産新報 63, 6, 479-483 (2010)
2009年
  • 毛利崇, 髙島一昭, 山根剛,山根義久: CCNU投与によって寛解が得られた上皮向性リンパ腫の犬の1例. 獣医畜産新報 62, 227-230 (2009)
  • 野中雄一, 髙島一昭, 山根剛,山根義久: タンパク漏出性腸症の犬の2例. CLINIC NOTE 5, 2, 66-73 (2009)
2008年
  • 髙島一昭: 組換え型イヌインターフェロン-γ療法を行ったアトピー性皮膚炎の犬の4例 週1回投与およびその後の維持療法. ViVeD: Visual Veterinary Dermatology 4, 220-228 (2008)
  • 野中雄一, 山根剛, 髙島一昭,山根義久: 胃腺癌の犬の1例. CLINIC NOTE 4, 2, 69-73 (2008)
1994年~1999年
  • 政田早苗, 久野由博, 小口洋子, 増田裕子, 髙島一昭, 髙島久恵, 三宅ゆかり, 廣田尚享, 山本滋, 長澤裕, 片岡智徳, 坂井尚子, 山根義久,下田哲也: 猫のRefrectory anemia with excess of blasts(RAEB)の1例. ProVet 126, 9-11 (1998)
  • 松本英樹, 増田裕子, 小口洋子, 髙島一昭, 山根久恵, 三宅ゆかり, 野一色泰晴,山根義久: 犬の会陰ヘルニアにデナコール処理牛静脈片を使用したPlug repairの1例. 獣医畜産新報 49, 4, 273-276 (1996)
このページのトップへ